医療の分野における人の健康維持

人が健康を保つために必要な医療

予防医療を成熟させることが人々の健康につながる
この先、人が健康を保つために必要な医療とは、予防医療であると私は思っています。

 

病気というのは、なってから対処するよりも、なる前に対処し、そもそも病気にかからないようにすることが1番大事です。
病気にかかってからの医療というのは、どうしても対処療法になってしまいがちで、根本の病原を根絶させるような医療というのは、
なかなか多く確立できていないというのが現状です。あがり症の薬

 

それならば、病気になってから一生懸命処置をするのではなく、病気になる前に何とかしてしまおうというのが予防医療です。
予防医療の代表的なものには、ワクチンの予防接種などがあり、インフルエンザや水疱瘡などの予防接種が有名です。

 

また、予防接種だけではなく、たとえば生活習慣病にならないための生活改善指導だったり、
病気の早期発見早期治療を目指した人間ドックなどの検査類も予防医療だと私は思います。

 

誰でも経験があるかもしれませんが、たとえ風邪であっても病気になってしまうとまともに体を動かすことができず、健康を害された状態になってしまいます。
また、風邪やインフルエンザなど空気感染する病気ですと、他人に感染させてしまうリスクもあります。

 

ですから、根本的に病気にならないようにするための予防医療というのは、医療の分野における人の健康維持に対してとても重要な分野であると私は思っています。

 

医療というと、どうしても病気にかかってしまってからのことを、私たちも医療スタッフも想像してしまいがちですが、1番良いのはやはり病気にかからないことです。エムラクリームジェネリック

 

そして、そのためにはこれからもっと予防医療を突き詰めて考えていかなければなりませんし、
国もバックアップ体制を整え、少しでも病気にかかる患者そのものを減らしていく必要があります。

 

そのためにはまだまだ研究しなければならないことがあるでしょうし、近い未来にできるとも考えられませんが、
予防医療を成熟させることが人々の健康につながると私は思っています。

最近、肩こりが酷くなってきたなあと思っていたころのことです。
揉みほぐすにも石のように硬くなっている肩は、最近の頭痛の原因にもなっているようでした。

 

頭痛だけではなく目の奥がだるいような重苦しい感じがしたり、キーン! と耳鳴りがしたりと身体全体が調子の悪い日が続いていました。
自制のつもりもあって少しですがアルコールの量を減らし、食事はラーメンや脂分の多い肉類を減らして、気持ちだけですが食事制限も始めたころのことでした。

 

昼ご飯を食べてリビングのソファで一休み。
暫くしてモヤモヤした感じがしたので、起き上がろうとしたのですが手に力が入りません。レビトラ通販

 

モヤモヤしたん感じは、居ても立ってもいられないような、泣き出したいような感じになってきました。

 

トイレに行こうと立ち上がろうとしても力が入らずそのまま崩れてしまったのです。
異変に気が付いた妻が耳元で叫んでいますが、耳にはワーンワーンと響くだけで聞き取ることができなくなっていました。

 

休日だったこともあり行きつけの病院は休みだったこともあり、妻は119番へ連絡してくれました。
高血圧で脳みその中が切れたと言う事でした。

 

つまり脳出血の緊急事態だったのです!

 

救急車は脳神経外科に滑り込みそのまま検査に向かいました。
ところが血圧が高すぎて検査ができないと言う事でしたので、降圧剤で下がるまで待ちになったのです。
緊急事態でも待つのか……。

 

そんな思いを持ちながら横になっていたのですが、やがてトンネルのような機械の中に入り、脳の断面図がとれました。
幸い手足を司るところをかすっている程度なので、これ以上出血が拡大しなければセーフ、もっと出血するようならアウトってことになったようです。骨粗鬆症予防

 

そこから約1ヶ月間、何回かのMRIで出血の拡大がない事はわかり一安心でしたが、麻痺は腕と脚だけではなく、
口も横真一文字は斜め真一文字に変わっていました。ほかにも視線が違う方を向いているらしく、他の人からは変な顔に見えていたようです。

 

そうですよね、違う方を見て口からよだれを垂らしていたんですから。

 

約3ヶ月で無事退院しましたが、先生曰く「日常の生活習慣を変えること」が一番大切だと言う事でした。
以来、肩こりが危険なサインと思って注意した生活を送っています。

 

医療機関の診療科目はその規模によって様々ですね。

 

町のかかりつけなら内科や整形外科、あるいはもう少し具体的に消化器、循環器のように細分化されている場合もあります。

 

風邪を引いたりお腹が痛くなったり、熱が出たりという体の不調がおこれば内科へ行く人は多いでしょう。
診察してその症状に見合った処置をする、検査をするなどしますね。

 

医療現場で仕事をした経験のある私は、様々な症状を訴えてくる患者を見て必ずしもその症状が1つの原因で起こるものではないということを知りました。
腹痛と言っても原因はさまざまで、疑わしい原因を順番に排除すべく薬を処方して様子を見るということもよくあります。白内障目薬can-c

 

検査で異常がなくても症状が続く場合もよくあります。薬を変えてみて違ったアプローチをすることもよくあります。

 

特に現代病と言われるストレスは様々な不調を起こすものです。腹痛にもそうしたストレス性のものがとても多いですね。

 

炎症が見られてそれを押さえる薬を飲むと症状は緩和しますが、その人が何かストレスを持っていてそれが症状を悪化させているなら、
むしろストレスのもととなっていることを解消するのが大事なのです。

 

ストレスからくる不調を抱える人は本当に多い時代です。診療科目で言うなら心療内科が適当なのですが、まだまだ個人の医療機関では少ない科ですね。

 

また一般的に認知が低いということもあるので最初から心療内科を受診しようという人も少ないでしょう。
精神科と混同されがちですが、体の不調を持つ人はもっと気軽に受診すべきだと思います。白内障目薬can-c

 

ただ内科の医師でも問診で患者の環境や性格などを把握して、ストレスとの関係を十分理解してくれる場合は適切な対処をしてくれるはずです。

 

事務的に薬を出すだけ検査で異常が認められなかったら白だと告げるだけで終わる医者なら、他をさがすべきでしょう。
内科に限らず、皮膚科でも婦人科でもストレス性の症状で受診する人は多いはずです。

 

ストレス科と銘打ってあればもっと気軽に相談できるのにと思います。

誰でも一生の内に、一回は行く事になる筈であろう「歯科医院」という場所に、今日も行って来ました。
とにかく、虫歯の治療は大変であるの一言に尽きます。今日は、土曜日という事もあって、小学生や中学生も居ました。

 

「歯」という部分は体の中でも、不思議かつ、訳が分からない部分です。
小学生の時、健康診断で虫歯のある子供と殆どない子供の2パターンに分かれるのが子供心に不思議でした。

 

一クラスの中で、丁度半々なんです。
子供の虫歯で最も考えられる事は、「お菓子類」に原因があります。クラミジア薬

 

小学生になった位から子供同士、お互いの家を行き来する様になり、友達の家で出された歯に絶対悪いであろう、
砂糖たっぷりのケーキやクッキー、飲み物に炭酸入りオレンジジュースやコーラ等を出してもらえるので、子供は大喜びでそれらを食べるのです。

 

駄菓子も、これまた豊富な種類があり、食品添加物が入っているに違いない真っ赤なゼリーやメロン味の緑色ゼリー等、
たまに食べてはいたのですが、友人のCさんはこれよりももっと虫歯になる確率の高い、ドーナツにチョコレートがまぶしてあり、
その上にココナッツが振りかけてある物や、ケーキに生クリームが沢山塗ってある、レーズン入りの甘いおやつを毎日食べていました。

 

しかし、妙な事に彼女の歯は、虫歯が一つもないのです。
こまめに歯磨きをしていたかと言うと、全然反対で、寝る前に磨く程度でした。その経験から、
歯は元々、虫歯になり易い人と、なり難い人が居て、それが学校での健康診断時に、2パターンに分かれる原因だったのだと発見したのです。バイアグラジェネリック

 

虫歯になり易い人は、いつも歯の健康に注意しておかないと、後々大変な事態になります。
そして、歯の治療は濁音だらけの音の中、もう耳の奥につんざく様な機械音もして、お治療が終わった後はヨロヨロした状態になります。

 

隣で治療して待合室に出て来た10歳位の男の子も目に涙を浮かべ、ヨロヨロした足取りでした。虫歯にならないよう気を付けていきたいです。

私が毎日実践している健康法は、適度な運動 です。
まず朝起きるとすぐにストレッチ、体操、ランニング、散歩をやっています。二十歳の頃から十年以上、毎朝欠かさずに続けています。

 

健康はストレッチから始めよう!
継続することで体の柔軟性を保つことができ、毎朝することで1日を快調に過ごせます。

 

私がぜひお勧めしたいのがストレッチです。できるだけ楽な姿勢をとり、無理のない状態でやるのがポイントです。
私ぼ場合は座って深呼吸をしながら、体を伸ばしていきます。慌てずゆっくりとおこないます。シアリス通販

 

自分が「気持ちいい」と思うようにやるのがベストです。特に気持ちいいと感じる姿勢があったら、少し動きを止めて1〜2分動きを固定して止まってみて下さい。
ストレッチを毎日継続的に行うポイントは気持ちいいと自分で思うことです。

 

無理のないストレッチをすることで柔軟性が増していき、1日を快調に過ごすことができます。
私もストレッチを始めてから肩のこりを感じなくなり、以前は慢性的にあった首などの痛みもほとんど無くなりました。

 

筋肉が硬くなると血流が滞り、筋肉の持続的な収縮によって出来た乳酸などの疲労物質溜まりやすくなります。
疲労物質が溜まると筋肉が固くなってしまい、血流の低下を招き、こりや痛みを発生させてしまうのです。

 

ストレッチをすることで、これらの問題を改善していくことができます。
筋肉の緊張を緩和し、固まった筋肉を緩めます。

 

これによって血流のアップしていきます。
血流がアップすると、体の代謝効率もアップしていき、こりや痛みの緩和や乳酸などの疲労物質が流されていきます。

 

私はストレッチをすることで、代謝が上がりダイエットにも効果あるため、ストレッチを始めてからかなりスリムになりました。
筋肉が柔らかくなり、体の柔軟性が増すことでケガなどの予防につながり、毎日を快調に過ごすことができるのです。

 

まずは自分に無理のない程度から少しづつストレッチをすることで継続するしていくことが大切なのです。